Business model

ビジネスでスペックの確保の次にすべきこと

 なんだか、切ないよ。あのラーメン屋さんに、いつものオヤジさんがいないから。

 今日、新宿のとあるラーメン屋さんに行ってみました。初めて訪れたのは、20年ほど前のこと。その当時はひとつのお店だったところ、改装工事に合わせて、番頭さんがすぐ近くにラーメン屋さんを出したのです。ボクは番頭をしていたオヤジさんが好きで、そちらに通い続けていました。

 のれんをくぐると、最初に聴こえてくるのは、オヤジさんの「いらっしゃーい」という元気な声。今思えば、これを聴きに来たといっても過言じゃない。また、オーダーが入ったときの、「あいよー」という声も好き。

 どんなお客さんにも同じトーンで、同じ声量で元気な掛け声をかけます。繁盛店であったため、これらの掛け声がひっきりなしに店内に響きます。他のスタッフは、黙々とラーメンを作ることに集中しています。オヤジさんが最後のチャーシューとノリを乗せて出来上がり。

 ところが、今日。そのお店で、すぐに席につけたのです。そう、お客さんが少なかったのです。今までは、昼も夜も満席が普通だったところ、随分と風景が変わってしまいました。

 おそらく原因は、あのオヤジさんがいなくなったから。

 1年ほど前にお店に行ったときにも、オヤジさんの姿が見えませんでした。かなりの高齢だと思うため、引退されたのかもしれません。今日もいない。あの「いらっしゃーい」が聴けない。

 いつものメニューを注文して待っている間、お店を観察してみると、店内のスタッフがいきいきしていないように感じます。お客さんの数も影響しているのでしょうが、それにしても、オヤジさんがいた頃の様子とは違う。

 注文したラーメンがやってきて、スープを味わい、麺をすすります。当時とそう変わるところはない。お店に流れているラジオも、当時のまま。しかし、オヤジさんがいないのです。

 そう考えると、あのオヤジさんがいたから、このラーメン屋さんに通っていたのだと理解しました。これ、ビジネスで見落としがちな点。

 つい、スペックで勝負しようとしてしまいます。麺の歯ごたえが良いだとか、スープが澄んでいるとか、チャーシューが特別だとか、そういったスペックで他の店よりも上に行こうとする。そうすることで集客できると勘違いしているのです。

 しかし、スペックじゃないんです。最終的には、経営者のキャラ。これが最も大事なんです。

 もちろん、一定のスペックを確保することは必要。いくらオヤジさんのキャラが立っていても、ラーメンが美味しくなければ、次の来店はない。それなりのスペックがあることが大前提。

 また、そのスペックを維持・向上していく努力も必要。ある時期に美味しくても、時が立つにつれて、お客さんの好みも変われば、周りのお店の味が向上していく。オヤジさんのキャラが良くても、味が時代に追いついていなければ、お客さんは来なくなる。

 実際、繁盛店が必ずしも味が美味しいとは限らない。また、潰れる店が美味しくないとも限らない。つまり、そこまで美味しくなくても繁盛することもあれば、美味しくても潰れるお店があるのです。味は繁盛のファクターのひとつではあるものの、唯一のファクターではないのです。

 とすると、他のファクターで重要なものとは何か。会計監査という仕事を通じて数多くの企業を観察し続けた結果、ボクが至ったのは、経営者のキャラ。手掛けているビジネスで一定のスペックを確保・維持・向上しているなら、あとは経営者のキャラにかかっていると考えています。

 一方で、経営者のキャラなんて関係ないビジネスの仕方もあるでしょうし、それを否定するつもりもありません。それはそういうビジネスのスタイル。良いか悪いかの区分じゃなく、好きか嫌いかの区分。

 だから、あなたが提供するビジネスが一定のスペックを確保しているなら、次はあなた自身を少し前に出してみてはいかがでしょうか。これにご了承いただけるなら、元気よく返事をしていただけますか。「あいよー」と。

ボクが辿り着いたコンストラクタル法則の使い方前のページ

相手の態度を変えるリスク・ゼロの方法次のページ

関連記事

  1. Business model

    ゲームは5つの方法で変える

     1978年にゲーム「スペースインベーダー」が登場して、今年が40周…

  2. Business model

    『Spotify 新しいコンテンツ王国の誕生』からビジネスモデルを探求する

    この数ヶ月で、ボクの生活に入り込んだものがあります。短い期間のうちに…

  3. Business model

    知らぬ間の「踏み絵」にご注意を

     世の中、知らないところで踏み絵が仕込まれているワケで。あるコミュニテ…

  4. Business model

    ビジネスの現場を疲弊させる「バシャ男」

     今日も、「勢いバシャ男」に出逢いましたよ。ご存知ないかもしれませんね…

  5. Business model

    ブログの毎日の更新から、ビジネスモデルを考える

     毎日、情報発信をしている人に欠かせないもの。キュレーター的な発信もそ…

  6. Business model

    マーケティングの基本は、年齢スライド制から学べ

     物価スライド制という言葉があるのなら、「年齢スライド制」という言葉も…

  1. Career

    人生に影響を与えたコラム「酒とビデオの日々」
  2. Accounting

    うそっ? KAMで驚くグーグル翻訳の精度
  3. Accounting

    企業の対話にファシリテーターの視点
  4. Accounting

    企業の開示関係者に必須のスキルが見抜かれた
  5. Colorful Five Fingers Kid Fingers - yohoprashant / Pixabay

    Accounting

    KAM、KAM、エブリディ
PAGE TOP