Career

司会じゃないのよファシリテーターは

 今日は、とある団体が主催したシンポジウムに参加してきました。内容的には問題ありません。しかし、気になったのが「ファシリテーター」という呼称の使い方。

◎ こんなシンポジウムはいやだ

 そのシンポジウムでは、2時間のうち、ほぼパネルディスカッションに時間を充てています。そのパネルディスカッションの討論に加わる人のことを、「ディスカッサント」と呼んでいました。

 その言葉をGoogleで検索してもヒット件数が約16,000件。あまり普及していない模様。

 一方で、その仕切り役を「ファシリテーター」と呼んでいました。Google検索では、約3,860,000件がヒット。ディスカッサントの241倍の件数のため、相対的に知名度が高い。

 で、そのパネルディスカッションで、ファシリテーターと称される人が何をしていたか。それは、テーマをいきなりディスカッサントに振って、それに関連した話を要求するという進行ぶり。いやいや、それは単なる司会者ですから。

◎ 問題の所在

 もっとも、ファシリテーターと称された人には、何の悪意もない。おそらくは、その団体が司会者のことをファシリテーターだと勘違いして、案内文書に記載したのが問題。

 推測の域を出ませんが、劇場型で場を仕切るのを、どうやら「ファシリテーター」と勘違いしたのかも。そう、テレビ朝日系列の「朝まで生テレビ!」の司会者を務めている田原総一朗サンのように。

 ファシリテーターとは、促進する人のこと。元々は学習や教育のプログラムで、参加者を成長させるように進行していきます。参加者の変容を促すことが役割なんです。

◎ ファシリテーターと司会者とはここが違う

 だから、単なる司会者に対して「ファシリテーター」と呼ぶことに、どうもピンとこない。司会をファシリテーターと呼ぶのは違うと感じています。司会じゃないんです、ファシリテーターって。

 一番の違いは、ファシリテーターは基本的に意見を言わない。自分の意見でその場の流れに介入しないのです。ファシリテーターが参加者に発言を促すことはあっても、参加者と激しく議論することはないのです。

 もっとも、司会者と混同されているのは、ファシリテーターという言葉が適切に認知されていないから。だからこそ、司会者の「今風の呼び方」のように勘違いされてしまっているのです。

◎ 「ファシリテーター」が認知されていない理由

 では、なぜファシリテーターが適切に認知されていないか。それは、本当のファシリテーションに出会っていないから。一度でも本当のファシリテーションに出会ったなら、そういう場を創り出せるファシリテーターに出会ったなら、きっと司会者とは違うと感じるハズ。

 ボクがファシリテーターを務めるワークショップ型のセミナーに参加されている方々からは、こんなコメントを頂きます。

  • 「今まで受けた研修とは違う」
  • 「こんなに話せたのは初めて」
  • 「同じグループの人のことをよく理解できた」

 こうしたコメントからわかるのは、参加者が主役であること。どのコメントも、ファシリテーターではなく、参加者のほうに視点があります。そのように視点がシフトしているのは、参加者が発言しやすい場を作り出しているため。

 ファシリテーターは出しゃばらず、意見も言わず、主役にもならないのです。ね、参加者の変容を促す役割だと言っているじゃない。ファシリテーターが司会者だと誤解しているだけならいいけど、本気でそう思っているなら悲しすぎます。

 もっと、「ファシリテーター」や「ファシリテーション」の言葉の意味を体感してもらわないと、この状況は解決しない。ちょうど今、オープン参加のワークショップ・セミナーを企画しているところなので、具体化に向けて頑張ろうっと。

P.S.

 ボクは、神田昌典サンの『都合のいい読書術』(PHP研究所)で紹介されている「リード・フォー・アクション読書会」の認定ファシリテーターです。この本を読むだけでも、ファシリテーターの意味がつかめますよ。

 

睡眠からのビジネスのダッシュボード前のページ

やりがいのある仕事を求めるのは「不自由」次のページ

関連記事

  1. Career

    恋の大三角形理論を「接待」に活かせ

     あと、一週間もすれば、七夕。そんな七夕には、ロマンティックな話と、そ…

  2. Career

    理不尽な世の中にはファシリテーター

     話し合いのワークショップに出たときに、ふわ~っとした感覚になることが…

  3. Career

    『言葉の力を高めると、夢はかなう』で固定観念に気づく

    気づかずにいたことを言語化できると、キャリア形成に役立ちます。自身が…

  4. Career

    無知にヘヴィメタル、ふいに笑み照らす

     何でも、知っていると思い込んでいるのはモッタイナイこと。食わず嫌いと…

  5. Career

    ネーミングのミーティングで大事なこと

     ネーミングは大事。ビジネスで提供する商品やサービスの名前が何かによっ…

  6. Career

    セミナー構成に困る状態から、絞り込みが大変な状態へ

     ボクがまだ、セミナーや研修の講師の駆け出しだった頃。どうやって構成を…

  1. Notes Write Fountain Pen Filler - Sponchia / Pixabay

    Accounting

    有報・記述情報のアドバイザリー業務で用いているツール
  2. Pinky Swear Friends Pinky Promise - cherylholt / Pixabay

    Accounting

    帰ってきた、「シン・収益認識」
  3. Accounting

    会計処理で悩むときには、これを疑え
  4. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.030 三菱UFJフィナンシャル・グループ、トーマツ
  5. Accounting

    KAMの資料がプロジェクトメンバーから褒められました
PAGE TOP