Accounting

書き初めで、物語を描く

 今日は2020年になって2日目。そこで行ったのが、日本の昔からの風習である書き初め。とはいっても、紙に文字を書く習字の書き初めではありません。同じ紙に書くものの、物語を描くのです。

 それは、フューチャーマッピング書き初め。経営コンサルタントの神田昌典サンが開発した創造的問題解決ツールを用いて、オンライン講座を視聴しながら、2020年の行動計画を描くイベントです。ここ数年、毎年恒例の行事となっています。

 結果は、このブログにアップした写真のとおり。恥ずかしさがあるため、ぼかしを入れている点にご容赦を。タイトルは、「財務報告ライティングのメソッド作りに任命されたってよ」です。

 というのも、企業の財務報告を改善すべく単行本を執筆しています。特に記述情報の参考となるべく事例を抽出したうえで、ポイントの解説も行っています。こうしたお手本があれば、追随できるかと考えてのこと。

 ところが、今回のフューチャーマッピングを描いていて、それだけでは足りないことに気づきました。お手本があれば対応できるなら、本を読んでいる人は皆、文章力があることになります。

 もちろん、文章力のアップを目的として圧倒的な量の読書をするなら、効果が得られると期待できます。その量の練習をしているのと同じですからね。しかし、目的もなく読書を、しかも、少ない読書量では、文章力のアップが期待できません。それは周りの人からも、一目瞭然。

 だから、上手く書けるための方法論が必要になってきます。このときに、いかに完成した文章を仕上げられるかについて検討していました。あるメソッドに基づけば、ほぼ完成の状態の文章が出来上がるようなものを。

 ただ、文章を書いている人ならわかるとおり、誰もが最初から完成した文章を書いているわけではありません。なんとかファーストドラフトを書き上げた次に、ひたすら推敲を重ねているのです。それはビジネス文書を書く人もそうだし、小説家もそう。

 そこで、発想を転換したのです。最初から完成した文書を書き上げるメソッドではなく、書き直しを前提としたメソッドにしてはどうかと。つまり、いったん書き上げた文章に対して、推敲の仕方を教えるもの。その手順こそが、文章を書く人の方法だから。

 幸い、ボクが以前に手掛けていたブログ「P.S.バンブーブログ」では、「財務報告ライティング」なる記事をシリーズとしてお伝えしていました。その記事をベースとしながらも、今のボクの知見を踏まえて再構成するのです。

 こうして足元での改善を実際に体験してもらった次に、ボクが提唱する「ダイアローグ・ディスクロージャー」を実現するためのライティングにステップアップしてもらう。マーケティングでいうフロントエンドとバックエンドのような関係。

 2時間程度のフューチャーマッピング書き初めを通じて、財務報告ライティングのメソッドを作り込んでいくための1年間の行動計画を描くことができました。これはボク自身もワクワクしながら挑戦できるテーマ。また、利用者にとってもお手軽に成果を実感できるため、より手にとってもらえそう。

 今年2020年は、ボクの真の課題である「自己表現のサポート」に沿って、財務報告ライティングをはじめとした展開ができればと考えています。あなたは2020年、何をしますか。

『Expert Secrets』からセールスのレシピを学ぶ前のページ

セミナーを成功させるワクワクの2ステップ次のページ

関連記事

  1. Accounting

    KAMやメタバースが飛び出す不正対応セミナー

    不正対応に、KAM(監査上の主要な検討事項)の事例やメタバースの話が…

  2. Accounting

    プラネタリウムで「耐用年数」の用語を聞いたなら

     今年の七夕も、東京では天の川を見ることができない。明日、東京の夜の天…

  3. Accounting

    翻訳の限界を超える方法

     翻訳って、つくづく難しいものだと実感することがあります。英文は簡単に…

  4. Accounting

    経営者視点の書評が、週刊経営財務に掲載されました

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  5. Accounting

    セミナーの予告編をYouTubeにアップしました

     昨日、勉強会を開催しましたよ。テーマは、「コロナ後発」。新型コロナウ…

  6. Accounting

    収益認識の新基準に関する経理の悩み

    「そんなの、経理部の仕事だろ」営業部長がこちらに資料を投げつ…

  1. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.019 本田技研工業、あずさ
  2. Accounting

    寄稿「統合報告の保証業務における『主要な検討事項』の有用性」
  3. Accounting

    新型コロナウイルスの四半期注記は、こう整理する
  4. Chair Meeting Workplace Board Room - Mariakray / Pixabay

    Accounting

    2022年3月期以降の開示に向けてキャッチアップすべき情報
  5. Accounting

    年末のオーディオセミナーの聴き方
PAGE TOP