Accounting

本の「はじめに」はどう成長したか

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

 昔の自分を振り返ると、変わらないところもあれば、変わったところもありますね。先日、ウィズ・コロナ時代の在庫管理について寄稿するために、拙著『すらすら在庫管理』を久しぶりに見返したときに、それを感じました。

 変わっていないところは、コンテンツそのものが面白い点。自画自賛で恐縮ではありますが、今、読んでみても興味深い内容が記載されています。まあ、自分が読みたいものを書いているため、当たり前といえば当たり前。読者も、著者が面白がっているコンテンツを読みたいハズ。

 一方、変わったところは、本の冒頭の「はじめに」の箇所。この頃の「はじめに」を読むと、冷や汗が出そうなくらいの出来栄え。その理由はただひとつ。「はじめに」の書き方を知らなかったから。

 当時、この「はじめに」をどう書けば良いのかが、さっぱりわかりませんでした。会計や監査の実務書は、1ページの記載ボリュームがほとんど。多くて2ページにわたる程度。何かの型があるかのように、制度が導入されたことから始まって、最後は感謝の言葉でおわる。

 それに対して、ビジネス書の「はじめに」はまったく違う。記載のボリュームも、何ページにもわたるものが少なくない。中には、短めの1章分にもわたるものもあります。また、内容もぐいぐいと引き込まれるような魅力的な文章。

 こうした種類の「はじめに」を書きたくて、相当な冊数のビジネス書について分析を行ったものです。でも、書き方がわからない。一見、同じような書き方をしたものの、今、振り返ってみると、まだまだ表面をなぞっていたに過ぎないことがよくわかる。

 その後、セールスレターの書き方を学んでからは、それに基づき作成するようになりました。すると、記載ボリュームは、4ページ、6ページとどんどん長くなりました。また、「竹村さんの本の最初を読むと、つい買ってしまうんだよ」と評価いただくこともあります。何事もやり方があるのです。

 せっかくなので、「はじめに」の部分を加筆修正したものを、次のとおり、掲載しました。

会計が世界一シンプルにつかめる本』 明日香出版社 (2010/9/13)
すらすら在庫管理』 中央経済社 (2012/3/24)
後発事象の実務』 中央経済社 (2012/10/24) 
会計不正~平時における監査役の対応』LABO (2015/3/30)

 いやいや、『恥ずかし~~~」の一言。セールスレターの手法を使って作成した『会計不正』を除き、全面的に書き直したい。ただ、当時の頑張りも伝わってくるため、成長の過程を記録に残しておきましょう。

 ちなみに、最新刊『ダイアローグ・ディスクロージャー KAMを利用して「経営者の有価証券報告書」へとシフトする』(同文舘出版)の「はじめに」も、今のボクなりに頑張った作品。ぜひ、成長したことをお確かめください。

『ダイアローグ・ディスクロージャー』の紹介ページを見てみる

後輩クンからの嬉しい電話前のページ

KAM早期適用のリサーチからの気づき次のページ

関連記事

  1. Accounting

    2019年のカレンダーで楽しむ

    我が家に、来年のカレンダーが貼られました。いつもの、家電量販店の大きな…

  2. Accounting

    倍々ゲームで増えていくKAM強制適用事例

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  3. Accounting

    KAM分析で忘れてはモッタイナイ視点

    2023年3月期からの決算では、KAM(監査上の主要な検討事項)の強…

  4. Accounting

    文章比較ツールから考える人手不要の内部統制

    いや~、ホント、世の中は便利になっていますね。文章を比較するためのツ…

  5. Accounting

    寄稿「企業が看過してはいけない、KAMのあの記載」

    KAM(監査上の主要な検討事項)がどう報告されるかによって、企業側の…

  6. Accounting

    洗練されたJICPAのスライド資料から学ぶべきこと

    こんにちは、KAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。今、J…

  1. Accounting

    不正調査報告書から対応に直結させるA4一枚まとめ術
  2. Accounting

    嬉しかった、セミナー『A4一枚でまとめる会計不正の調査報告書』のアンケート
  3. Accounting

    『「のれんの減損」の実務プロセス』の第3章を語る
  4. Accounting

    サステナCOSOは、まだか
  5. Accounting

    ASBJにみる、KAMの新しい活用方法
PAGE TOP