Accounting

財務報告の流儀 Vol.052 AGC、あずさ

文豪ゲーテが開示責任者なら、自社に固有の情報を記載したでしょう。「一つのことが万人にあてはまりはしない。めいめい自分にふさわしい流儀を求めよ」と話していたのですから。

そこで、早期適用されたKAM(監査上の主要な検討事項)の事例から、財務報告のあり方を考える連載が、この「財務報告の流儀」シリーズ。現在、2020年12月期の事例を取り上げています。

今回のポイントは、記載に特徴があるKAMです。

 

(1)事例

  • 証券コード 5201
  • 会社名 AGC㈱
  • 業種 ガラス・土石製品
  • 開示書類 有価証券報告書
  • 決算日 2020年12月31日
  • 監査法人 有限責任あずさ監査法人
  • 会計方式 IFRS

 

(2)早期適用によるKAM

連結財務諸表の監査報告書に記載されたKAM

  • 欧州自動車用ガラス事業の有形固定資産の減損テストにおける使用価値の見積りの合理性
  • ディスプレイ用特殊ガラス等の生産設備に係る有形固定資産の減損テストにおける使用価値の見積りの合理性

個別財務諸表の監査報告書に記載されたKAM

  • AGC Glass Europe S.A.に対する投資の評価の合理性
  • ディスプレイ用特殊ガラス等の生産設備に係る有形固定資産の減損損失の認識の要否の判定における将来キャッシュ・フローの見積りの合理性

(連結のKAMと同一内容ではあるが、記載の省略を適用していない)

 

(3)今回の事例から学ぶべきポイント

  • 企業と監査人とで特に重要な項目が揃っている開示
  • 他のKAM事例にはない特徴的な記載
  • 1つ目のKAMとは異なる記載の仕方

ここから先の解説は、野次馬的に重箱の底を突くような人には向いていないため、有料コンテンツとしてハードルを設けています。いかに財務報告を良くしていくかについて真摯に向き合っている人に限り、ご購読ください。

なお、2020年3月期の早期適用事例の分析については、書籍『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』という形でまとめております。

 

今、読むべき書評-見積り開示会計基準への対応-前のページ

財務報告の流儀 Vol.053 ピジョン、あらた次のページ

関連記事

  1. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.001 マルハニチロ、あずさ

     ドイツの文豪ゲーテは、こんな言葉を残しました――「一つのことが万人…

  2. Accounting

    職業的専門家としてキャッチアップか、先に行くか

    この世の中には、職業的専門家と呼ばれる人達がいます。例えば、弁護士や…

  3. Accounting

    【登壇】日本監査研究学会でKAMを報告します

    世界中の格闘家が目指す場所。それは、天下一武道会。といっても、鳥山明…

  4. Accounting

    企業の対話にファシリテーターの視点

    対話が重要だ、と聞いたことがありませんか。 確かに、話し合う…

  5. Accounting

    会計処理で悩むときには、これを疑え

     今日の午前中のこと。事務所の後輩クンが腕組みをしながら、しかめっ面で…

  6. Children Win Success Video Game - StartupStockPhotos / Pixabay

    Accounting

    「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」でいやほい

    この2022年3月期の決算から強制適用となる会計基準には、「収益認識…

  1. Accounting

    新型コロナウイルスと上場廃止とKAM
  2. Accounting

    『体験的ガバナンス論 —健全なガバナンスが組織を強くする』からの学び
  3. Beverages Alcohol Weekend Party - Mediengestalter / Pixabay

    Accounting

    3つの特徴がある、本日のKAM強制適用事例
  4. Maze Puzzle Labyrinth Challenge - BlenderTimer / Pixabay

    Accounting

    本邦初公開、「シン・収益認識」
  5. Accounting

    記述情報に関するブログ記事をまとめてみた
PAGE TOP