Accounting

収益認識の消費税はおそろしく大変

 収益認識の新会計基準。やっぱり、どうも好きになれない。なんて人も少なくないでしょう。

 今日、とある先生から、収益認識の新会計基準に関する税務についてレクチャーを受けていました。そこで、会計の処理と消費税の処理とが比較して説明されていました。法人税はほぼほぼ会計に同じなため、論点としては、会計と消費税との違い。

変動対価だと、こんな会計処理に

 そこで挙げられていたのは、変動対価の設例。1000個売ると単価5,000円のところ、2000個売ると単価が4,000円になるというもの。

 これまで、1000個売った年度では500万円の売上が計上され、また、翌年に1000個売ると400万円の売上が計上されました。そうですよね。

 しかし、収益認識の新しい基準では、2000個売るのが予想されるなら、1000個売った年度では、単語が最終的に4,000円になることを見越して、つまりは、2つの年度の単価をならして、初年度も次年度も450万円の売上を計上するのです。

 確かに、単価が低くなるのが見込まれるのであれば、そのように会計処理するのが妥当でしょう。最初から単価4,500円を想定した取引なら、同じ数量を販売している2つの年度で、売上が異なるのはおかしいのは分かります。あらかじめ単価が低くなることを前提とした会計処理をすることの正当性に何ら疑いはない。

買い手の会計処理はどうなる

 しかし。しかし、ですよ。

 この新基準はあくまでも売り手の話。買い手の会計処理は何ひとつ変わりがありません。仮に、買い手のほうも、単価4,500円で購入することを前提にして販売単価を4,700円と設定していたとします。

 どちらの年度も450万円で仕入れる前提なので、結果的にいずれに年度でも20万円の利益が出る計算。これは、ビジネスとして何もおかしなところはありません。

 ただ、会計としては、収益認識が新基準になったとしても、買い手には取引のとおりに会計処理を求めます。だから、初年度は500万円の仕入が、翌年度には400万円の仕入が計上されます。すると、仕入れたものがすべて売れたと仮定したときに、初年度は30万円の損失、翌年度は70万円の利益になります。

 累計では同じ結果ですが、単年度では利益と損失でえらい違い。どちらかの年度の株主になるなら、偏りが出るのは必至。もともと会計の発生主義という考え方は、同じような活動をしたら、同じような利益が出ることを想定したもの。ところが、この収益認識の新基準は、それを無視したことを要求するのです。

新会計基準の背景に思いを馳せると

 では、本当に、そんないびつな状態になることを、会計基準の作成者は望んでいるのでしょうか。会計基準を作る人たちが、買い手の会計処理に気が及ばないなんてありえない。当然に、そういう批判もあることを承知でリリースしているハズ。とすると、こんな新会計基準が出来上がった背景として、次の2つが考えられます。

 1つは、本当に買い手の会計処理のいびつさは気にしていないこと。損益計算書のトップラインさえ揃えた形になれば満足する、というもの。さすがに、そんな浅はかなことは想定しにくい。とすると、この選択肢は消えます。

 もう1つは、業務処理がややこしいと会計処理がもっと複雑になるというアナウンス効果を狙ったもの。今のビジネスの動向としては、とにかくシンプルに向かっています。価格体系がシンプルなのか、あるいは、提供サービスがシンプルなのか。どちらかがシンプルでないと顧客から選ばれない時代。

これからのビジネスのあり方

 そんな時代背景を想定すると、もはやビジネスの形態としてややこしいことはするな、というメッセージを出していると考えるほうが自然。むやみやたらに複雑な処理になるのは誰だって喜ばない。変動対価をはじめとしてややこしいことはするな、シンプルになれ、と会計基準が言っているようにさえ感じてしまいます。

 えっ、そんなに、ややこしくなるの、って?

 何、言っているんですか、消費税の対応まで考えたら、おそろしいことですよ。そうじゃなくても、消費税率が10%にアップするのに加えて、経過税率の8%だって、これまでの国税と地方税とで内訳が異なります。つまり、これまでの8%と、経過税率の8%とを区別しないと、消費税の申告納税にまったく太刀打ちできないってこと。あっ、そうか。税務からも、ややこしいことをするなとメッセージを出しているのかも。

 そんなことを想いながら受講していた研修でした。とにかく、消費税のことを考えるなら、ややこしいことは止めましょう、とにかく。悪いことは言わないから。

P.S.
 2020年8月23日に、緊急レポート「新・収益認識の対応プロジェクトが進まない理由」を作成しました。収益認識の新基準への対応プロジェクトが進まずに悩んでいる方々に向けてヒントになれば幸いです。

 PDFファイルで全68ページの小冊子です。文字がびっしりの資料ではないため、読みやすいと思います。無料で手に入れられるので、ぜひ、こちらのページからダウンロードしてください。

P.P.S.

こちらのE-Bookも、大した告知をしていないにもかかわらず、お手にとっていただいております。お役に立てば何よりです。

 

望む状態になりやすい簡単な取り組み前のページ

収益認識の新基準の消化仕入れと消費税次のページ

関連記事

  1. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.043 日立建機、EY新日本

     文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「…

  2. Accounting

    『「経理」の本分』から財務報告の本質を学ぶ

     物事の本質は、同じところに行き着く。まあ、「本質」の定義が、根本的…

  3. Accounting

    投資家との対話を促すダイアログ・ディスクロージャー

     2019年3月19日に、金融庁サンは、上場企業の有価証券報告書の開示…

  4. Accounting

    『「のれんの減損」の実務プロセス』の第2章を語る

    2022年7月に、『伝わる開示を実現する「のれんの減損」の実務プロセ…

  5. Accounting

    2020年12月期のKAM早期適用事例は、一体、何社だったか

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  6. Accounting

    収益認識の新基準に短期間で対応するために必要なこと

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  1. Guitar Music Acoustic Guitar - karishea / Pixabay

    Accounting

    簿記のヤマ場「仕入、繰越商品」を一発で覚える方法
  2. Work Documents Woman Desk - Elf-Moondance / Pixabay

    Accounting

    後発事象の改正情報を探し出せ
  3. Accounting

    【セミナー】棚卸資産の不正事例分析と平時対応
  4. Accounting

    翻訳の限界を超える方法
  5. Accounting

    KAM早期適用結果の「セミナー」へのご興味は
PAGE TOP