Accounting

『プロが知るべき 仮想通貨の真実』からネーミングの大切さを学ぶ

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

会計の世界で、今となっては誰も反応しなくなったものがあります。覚えていらっしゃるでしょうか。それが適用された当時の2011年3月期には、会計の大事な概念が変わってしまうと大騒ぎしていたものを。

 それなのに、あれから9年度分の開示を経ると、誰も騒いでいない。何も実務に影響が及んでいない。何も利用の仕方が変わっていない。ないないづくし。

 先日、このブログに「セミナー実績」のページを新設したときに、そのことを実感しました。最初に記載したセミナーが、これをテーマにしたものだったから。その開催は、2010年11月17日。

 それは、包括利益。利益の概念が変わりかねないと、研究者も実務者も騒いでいた記憶があります。また、実際にどれほどの影響があるかの実証研修も行われていましたし。そんな中でボクが、包括利益セミナーの冒頭で紹介した言葉が、これ。

包括でもなければ、利益でもない

 これは、IASB(国際会計基準審議会)の会議で発言されたもの。ボクはこの言葉を知って、随分とすっきりしたことから、セミナーで共有しました。「そういうことか」「そうだよね」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 このように、そのネーミングが実態を示さないことがあるのです。その業界の専門用語であっても、ですよ。

 最近では、「暗号資産」がそう。このネーミングも実態を示していないとの指摘があります。

 これまでは、「仮想通貨」や「暗号資産」と呼ばれていました。2019年に資金決済法が改正されたことによって呼称が変更されました。ところが、この「暗号資産」という呼び方が、いわゆる仮想通貨の実態を示していないというのです。

 そう指摘するのは、認知科学者の苫米地英人サン。2019年7月に発売された著書『プロが知るべき 仮想通貨の真実』(サイゾー)の中で、ブロックチェーン技術に根本的な理解がない人が「暗号」という言葉を使うと言います。

 

 いわゆる仮想通貨の中心技術について、こう説明しています。

送り手が秘密鍵署名して、送る通貨数量と受け取り手の指定をする。その内容は、改竄されないようにハッシングする。これだけです。

 ここでいうハッシングとは暗号化することではない、とのこと。内容を暗号化していない関数であり、また、それが世界に大量に分散して保持されている。だからこそ、ブロックチェーンによる取引の安全性が、世界の誰からでも見えるようになっているのです。

 確かに、仮想通貨の内容が暗号化されてしまうと、改竄されたときに誰も気づくことができない。それでは、取引の安全性が確保することは難しい。そういう意味で、暗号資産は「暗号」ではないのです。

 また、「資産」の部分も同じく実態を必ずしも示していない。同じく苫米地英人サンが、2017年4月に発売した『仮想通貨とフィンテック ~世界を変える技術としくみ』(サイゾー)で、通貨や資産というよりは、デジタルの「帳簿」だと説明しています。

 

 すると、暗号資産は、「暗号でもなければ、資産でもない」という帰結に至ります。なんと、包括利益と同じだったのです。でも、包括利益と同様に、数年も経つと誰も気にしなくなるのでしょうね。

 名は体を表す。そんな言葉もあるくらいですから、せめて専門用語くらいは実態を示したネーミングが良いですね。

コミュニケーションに「効率」はいらない前のページ

AIなのに手作業が必要となるのは、なぜ?次のページ

関連記事

  1. Accounting

    「重要な会計上の見積り」開示はこう対応する

    最近のボクの関心事は、記述情報の開示の充実。先週の2019年3月19…

  2. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.027 ソフトバンク、トーマツ

     文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「…

  3. Accounting

    出版記念イベントに無料で参加できます

    こんにちは、KAM対応のスペシャリストの竹村純也です。今日は…

  4. Accounting

    金融庁からの2022年版KAM分析資料を読み解く

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  5. Accounting

    2度目の緊急事態宣言で、後発事象の対応はどうすべきか

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  6. Accounting

    『不正リスク対応監査』から質問の仕方を学ぶ

     会計や監査について研究者が書いた本って好き。エビデンスに基づき一つ…

  1. Business model

    ウィズ・コロナ時代の在庫管理を書いた理由
  2. Accounting

    注記を書くまでが、シン収益認識の対応
  3. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.052 AGC、あずさ
  4. Accounting

    ABCバンブーメルマガ 2020年6月6日号
  5. Accounting

    見積り開示会計基準への対応にお困りなら、検討シートを差し上げます
PAGE TOP