Accounting

情報爆発で記述情報のことを調べきれない

 情報爆発が会計の世界にも及んでいたと感じた今日。ほら、横軸を時間の経過、縦軸を情報量で示す図があるじゃないですか。調べてみると、あの図は、IT専門調査会社のIDCが2020年までの情報爆発を予想したもの。

 2000年までは地を這うようない低い勾配のラインで表現されています。2000年の時点では6.2EB(エクサバイト)だったようで。このエクサバイトは、TB(テラバイト)の100万倍。

 2000年以降に、情報量のラインは急激に上昇します。2020年には35ZB(ゼッタバイト)になると予想されているのです。ゼッタバイトとは、エクサバイトの1,000倍。この20年で、5,645倍に跳ね上がるラインとして表現されています。

 こんなに情報が急増すると、人はかえって情報を処理できなくなります。これは、経済学でいる価格形成理論とは反した状況。その理論では、すべての価格情報を手に入れられる状況において、最も合理的な価格を選ぶことを前提に構築されています。

 ただし、これは前提の話。現実とは異なります。実際には、複数の選択肢があると、人はかえって選べなくなるのです。似たようなメニューが3つだと、比較検討のうえで選ぶことはあるかもしれません。合理的な選択を行うこともあるでしょう。

 ところが、似たようなメニューが100もあると、とても比較検討なんてしていられない。つまり、合理的な選択を行うことを放棄してしまう。あなたも、ピンときたもの、最初に目に入ったもの、一緒にいた人が選んだものなどを選択した経験があるハズ。

 このように、情報がありすぎると、人は、その情報を吟味しなくなることが知られています。十分に検討しなくなる場合が現実にはあるのです。

 これ、会計の世界でも同じだと、今日、感じました。有価証券報告書の記述情報のことを考えていたときに、なかなか改正のきっかけとなったディスクロージャーワーキング・グループの報告書を読むこともなければ、その議事録や配布資料に目を通すこともない。

 その理由は、あまりにも多くの制度の新設や改正があるから。1990年後半の頃、会計士の先輩がつぶやきを今でも覚えています。その先輩は、こう話したのです。

「1年に2つも会計基準の変更があるなんて、どうかしてるよ」

 当時は、会計基準の新設や改正は、年に1度くらいのもの。それも随分と対応期間が確保されていました。あの頃は、信じられないほど、ゆったりと時間が流れていたものです。

 それが今では、1年に会計基準の変更が2つ程度じゃ、むしろ何も起きていないような感覚になるほど、多くの基準や制度の改正が頻繁に行われています。そのための準備期間に余裕がないこともある。いわば、情報爆発の状態。

 こんな状態のため、経理の人たちは、改正や新設された事項に対して、十分な検討時間をかけられなくなります。物理的にも、精神的にも。で、消化不良のまま、あるいは、消化できていないことに気づかないまま、決算を迎えてしまう。

 だから、改正や新設された事項について、ポイントを的確に教えてくれる人を求めます。自分の代わりに汗をかいてくれることを望む。

 その汗は、基準や指針を「ですます調」で置き換えた程度では許されない。それくらいは自身でもできます。それ以上のことを求めているのです。

 単にキュレーション的な解説ではなく、その中から必要な情報を厳選してくれることを。導入の背景を丹念に読み解いたうえで、わかりやすく、実務で使いやすく加工した情報を。

 記述情報への対応をまとめていくときに、そんなことを感じました。よって、セミナーや解説記事、解説本は、そこを意識して作られるべき。

 でも、そんな汗も、AIに置き換えられるかもしれません。経理の方々のスマホに、その人が必要とする情報をAIが選別して表示してくれるようになるから。しかも、その情報は、文字ではなく、動画となっているでしょう。

 あなたのスマホにボクの解説動画が現れる日は、いつでしょうか。

「おもてなし」精神の商法改正前のページ

KAMの資料がプロジェクトメンバーから褒められました次のページ

関連記事

  1. Accounting

    本の表紙を憧れの人に描いてもらいました

    とうとう、形になっちゃった。今でも信じられない。まだ夢から覚めていな…

  2. Accounting

    KAMの記載は短いほうが良いか、長いほうが良いか

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  3. Accounting

    プラネタリウムで「耐用年数」の用語を聞いたなら

     今年の七夕も、東京では天の川を見ることができない。明日、東京の夜の天…

  4. Gesture Sign Language Finger V - niekverlaan / Pixabay

    Accounting

    2度目のKAMの第2号

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  5. Thief Copyright Idea Steal Head - mohamed_hassan / Pixabay

    Accounting

    現る、KAMのフリーライダー

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  6. Work Documents Woman Desk - Elf-Moondance / Pixabay

    Accounting

    後発事象の改正情報を探し出せ

    ご存じでしたか。後発事象の実務上のガイドラインが改正される、ってこと…

  1. Accounting

    あなたに知ってもらいたい、『ダイアローグ・ディスクロージャー』
  2. Technology Laptop Keyboard Computer - kaboompics / Pixabay

    Accounting

    果たして、KAMは注記がないから書けないのか
  3. Accounting

    収益認識の新基準における「重要性」を語る
  4. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.027 ソフトバンク、トーマツ
  5. Business model

    ウィズ・コロナ時代の在庫管理を書いた理由
PAGE TOP