Career

執筆でも、空白を嫌う

人は空白を嫌う、とよく言われます。空白のままではいられずに、それを埋めようとする。何もない状態を解消しようとするのです。

 例えば、紙に空欄があれば、記入したくなる。スケジュールが入っていなければ、予定を詰めたくなる。仕事が落ち着くと、別の仕事が入ってくる。

 昨日のブログ「ついに見えてきた、今回の執筆の完成」で、今、取り掛かっている執筆が終わりそうだとお話ししました。春すぎから手掛けてきた原稿がようやく完成しそうだとお伝えしたところ。つまり、執筆についての空白が生まれようとしていました。

 しかし、人は空白を嫌います。執筆が落ち着くと、別の執筆が入ってくるハズ。すると、ホントに別の執筆のお話しをいただきました。こんなに間を置かずに空白が埋まるとは思ってもいませんでしたよ。

 今回のお話しは、単行本ではなく、記事の作成。記載のボリュームは、そう多くはない。でも、そう簡単には書けない内容なのです。そのことについて考える機会がないほどに、あまりにも当たり前に存在しているテーマ。

 最初は、説明するネタが少ないため、与えられた文字数がとてもハードルが高く感じました。研究者でもないのに、イチ実務家が一体、何を書けるのかと心配になったほど。依頼者は一体、何をボクに期待しているのかと。

 で、そのテーマについて調べてみました。「物書きは『調べる』が9割9分5厘6毛」と言われます。これは、広告代理店を退職して「青年失業家」を名乗る田中泰延サンが、著書『読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術』(ダイヤモンド社)で説いたもの。

 

 調べてみると、そのテーマに関する大きな流れが見えてきました。そんな変遷をしてきたのかと驚く一方で、納得もしました。まだ仮説の段階でこうなので、一次資料を掘り下げていけば、もっと見えてくる世界が現れると期待できる。

 今の時点でも、与えられた文字数を軽くオーバーしそうな予感。高いハードルだと思っていたところ、むしろ規定の範囲内に押さえないといけない。書けるかどうかの心配ではなく、書きすぎないように気をつけなければならない心配。

 きっと、いったん書き上げた文章を削っていくことになるのでしょう。5行分を2行から3行に圧縮することも必要になりそう。密度の濃い記事になりそうな予感です。

 これだから、与えられたお題に向かうのが楽しみ。自分からはチャレンジしなかった世界について、自分なりに構築することができるのですから。これまでの執筆もそうだし、セミナーや研修でもそう。知らない世界に飛び込むことで、もっと知ることができるのです。

 こうして空白を埋める話をしてきたのですが、気をつけなければならないのは、まだ、空白になっていないこと。今の執筆は終わりが見えてきたけれども、終わっていはいない。なので、早く仕上げなければなりません。ハイ、頑張ります。

ついに見えてきた、今回の執筆の完成前のページ

仕事ぶりが丸わかりになってしまうディッセンバー次のページ

関連記事

  1. Career

    受講者が変われば、コンテンツの仕上げ方も変わる

     コンテンツの使い方は、奥深い。そんなことを実感したので、共有しますね…

  2. Career

    重なった締め切りを乗り越える方法

    世の中の不思議なことのひとつに、締め切りが重なること。なぜか、そのタイ…

  3. Career

    締切りを守ってもらえる期限の設定の仕方

     なぜ、締切り日は、重なるのか。不思議なことに、締切りが同じ日、あるい…

  4. Career

    リモート研修で受講者が眠らない方法

     リモート研修の講師を務めるときに気をつけたいのは、何か。これについて…

  5. Career

    オンライン会議を円滑に進めるための秘訣

     オンライン会議やオンライン研修の難しい点。それは、参加者のスキルが試…

  6. Career

    後輩クンからの嬉しい電話

     今日、ボクの電話が鳴りました。その相手は、かつての後輩クン。なんでも…

  1. Accounting

    ビジネスモデル関連の機関誌に、記事が掲載されました
  2. Accounting

    磨き抜かれた「後発事象セミナー」
  3. Accounting

    翻訳の限界を超える方法
  4. Accounting

    海外産の会計基準に、ビックリマークをつけた翻訳を
  5. Accounting

    新型コロナウイルスで注目の有報・記述情報
PAGE TOP