Accounting

財務報告の流儀 Vol.032 三井住友トラスト・ホールディングス、あずさ

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

 文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「一つのことが万人にあてはまりはしない。めいめい自分にふさわしい流儀を求めよ」と話していたのだから。

 そこで、KAM(監査上の主要な検討事項)を早期適用した事例から、財務報告のあり方について考えていく連載が、この「財務報告の流儀」シリーズ。今回は、次の事例を取り上げていきます。

(1)事例

証券コード 8309

会社名 三井住友トラスト・ホールディングス㈱

業種 銀行業

開示書類 有価証券報告書

決算日 2020年3月31日

監査法人 有限責任あずさ監査法人

会計方式 日本基準

(2)早期適用によるKAM

連結財務諸表に対するKAM

  • 法人向け与信に対する貸倒引当金の見積りに関する合理性の検討
  • 三井住友トラストクラブ株式会社(以下「三井住友トラストクラブ」という。)に関する固定資産から生じる減損損失計上額の妥当性の検討

個別財務諸表に対するKAM

  • (ないと判断)

 今回の事例から学ぶべきポイントは、次の2点です。

  • 書き分けの好事例
  • 検討の状況や重要な仮定をKAMで示す

 同社の有価証券報告書をご準備いただき、実際の開示を確認しながら、財務報告のあり方を学んでいきましょう。いかに財務報告を良くしていくかに真摯に向き合っている人だけ、この先にお進みください。(注:無料の「財務報告の流儀(お試し版)」はこちらから。)

 

P.S.

この解説がベースになった書籍『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』(同文舘出版)はこちら。

 

 

財務報告の流儀 Vol.031 りそなホールディングス、トーマツ前のページ

財務報告の流儀 Vol.033 三井住友フィナンシャルグループ、あずさ次のページ

関連記事

  1. Accounting

    速報、四半期開示とサステナビリティ開示に関する足元改正

    今日の2022年12月15日、金融審議会「ディスクロージャーワーキン…

  2. Accounting

    わがままであれ、貪欲であれ

    2つのアプローチがあるときに、つい、どちらが優れているかと検討しがち…

  3. Accounting

    KAMと顧客インタビュー

    物事を解決しようとするときに、いきなり手段から検討しだす状況に遭遇す…

  4. Accounting

    本棚から理解できる、東証の市場区分の変更

    今日は、たまに訪れる本屋さんに足を運びました。近いうちに、京都へ旅行…

  5. Accounting

    本は「はじめに」が9割

    聞いてください。ニュースです。昨日の2021年11月10日、…

  6. Accounting

    会計基準は「考えるな、感じろ」

    考えるな、感じろ。英語で言うと、”Don’t think. Feel…

  1. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.036 大和証券グループ本社、あずさ
  2. Accounting

    『「のれんの減損」の実務プロセス』の第6章を語る
  3. FSFD

    サステナビリティ開示基準の適用によるコスト
  4. Accounting

    孤独な経営者には会計士を
  5. Accounting

    業務フローを理解するために必要なもの
PAGE TOP