Accounting

固定観念を捨てるために着目したい観点

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。

固定観念は、誰しもが持っているもの。それが目的達成に邪魔になることもあります。執筆を行っていることをブログでお話ししていますが、固定観念を捨てることで、自身の執筆イメージに近づく経験をしている真っ最中。

48ページになった第1章のゲラ

先日、第1章のゲラがあがってきました。それが、今日のブログにアップした写真。ページ数は、48ページ。第1章だけで、この記載ボリュームとなりました。

ただ、それには原因があります。今回の執筆のテーマに関して、大きな役割を果たすものが含まれているからです。それを仮に「キーリスト」と呼ぶことにしましょう。

このキーリストに関するページが、25ページほどあるのです。つまり、第1章のゲラの半分が、これで占められています。

今、キーリストを第1章として記載するか、それとも、別の形で収録するかについて、編集担当者と打ち合わせを進めています。その結果、第1章そのものは25ページ前後になるかもしれません。第1章のページ数としては、ちょうど良いボリュームですね。

固定観念に縛られると

自分で第1章の原稿に記載していてなんですが、元々はキーリストを第1章に含めるイメージではありませんでした。ただ、「単行本の執筆として本文の中で完結しなければならない」、という自分なりの固定観念に縛られた結果、第1章の中でキーリストを記載しました。

もちろん、本文の中で完結していることは絶対条件であることに間違いありません。しかし、キーリストが本文に含まれるべきかどうかは、別の話。というのも、このキーリストは、読者の利便性には必要不可欠であることは確実ですが、本文に含めるものかどうかといえば必ずしもそうではないから。

編集担当者は、ボクの原稿をみて、そのことに気づいたのでしょう。第1章とすべきかどうかについてコメントがありました。また、第1章に含めない場合の提案もいただきました。その提案によって、ボクが最初に描いていたイメージにどんどん近づいています。それを受けて、ボクのイメージに最も近い形を再提案しているところ。

自由な発想を得るために着目すべき観点

このように、その記載によって何を達成したいのか、どのような機能を果たすべきなのかを考えると、自由な発想が得られます。つまり、固定観念を捨てることができるのです。

あなたが何かの目的を達成したくても達成できていない理由は、固定観念にあるかもしれません。機能という観点から考え直すことで、思わぬ解決策に気づいてみませんか。

 

P.S.

この原稿は、書籍『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』(同文舘出版)として発売されました!

 

 

なんと、会計人の31名のひとりに選出されました前のページ

収益認識の新基準に短期間で対応するために必要なこと次のページ

関連記事

  1. Accounting

    新型コロナウイルスで会計不正に要注意

    本日の2020年3月19日、プロネクサスさん主催のセミナー「棚卸資産…

  2. Accounting

    愛に溢れた『統合報告の保証業務における「主要な検討事項」の有用性』

    愛の反対は、憎しみではなく無関心。これはマザー・テレサが発した言葉と…

  3. Accounting

    サステナビリティ開示とKAMとの関係

    サステナビリティ開示とKAMに関係があることにお気づきでしょうか。そ…

  4. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.013 住友金属鉱山、あずさ

     文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「…

  5. Accounting

    削るはマジだが役に立つ

    文章をより良くするために必要なこと。それは、削ること。文章を書き上げ…

  6. Accounting

    【KAMセミナー】来場5大特典、これはいい!

    ついに、今週の金曜日となりました。それは、会計監査の監査報告書に新た…

  1. FSFD

    グリーンウォッシュ見抜く開示提案、企業の透明性が問われる
  2. Accounting

    企業がKAM対応で検討すべき事項、いくつ挙げられますか
  3. Accounting

    明らかになった! 2020年3月期のKAM早期適用事例
  4. Accounting

    コラム「もしも、英国の監査委員会が、有報の『監査役監査の状況』を記載したら」を寄…
  5. Accounting

    気候変動のスタンスの違いをもたらす、あの気付き
PAGE TOP