Accounting

財務報告の流儀 Vol.047 中外製薬、あずさ

文豪ゲーテが開示責任者なら、自社に固有の情報を記載したでしょう。「一つのことが万人にあてはまりはしない。めいめい自分にふさわしい流儀を求めよ」と話していたのですから。

そこで、早期適用されたKAM(監査上の主要な検討事項)の事例から、財務報告のあり方を考える連載が、この「財務報告の流儀」シリーズ。今回から、2020年12月期の事例を取り上げていきます。

今回は、見積りと判断の違いがポイントです。

(1)事例

  • 証券コード 4519
  • 会社名 中外製薬㈱
  • 業種 医薬品
  • 開示書類 有価証券報告書
  • 決算日 2020年12月31日
  • 監査法人 有限責任あずさ監査法人
  • 会計方式 IFRS

 

(2)早期適用によるKAM

連結財務諸表の監査報告書に記載されたKAM

  • 利用可能でない製品関連無形資産の減損の判定に関連する製品化の可否に関する判断の妥当性
  • エフ・ホフマン・ラ・ロシュ・リミテッドとの取引の移転価格調整に係る判断の妥当性

個別財務諸表の監査報告書に記載されたKAM

  • エフ・ホフマン・ラ・ロシュ・リミテッドとの取引の移転価格調整に係る判断の妥当性

(ただし、連結のKAMと同一内容であるため、記載が省略されている。)

 

(3)今回の事例から学ぶべきポイント

  • 見積り開示会計基準への的確な対応のために知っておきたい用語の使い分け
  • 経営者の判断に絞り込まれたKAMの優良事例
  • 単体KAMの省略規定に関する表記の違い

ここから先の解説は、野次馬的に重箱の底を突くような人には向いていないため、有料コンテンツとしてハードルを設けています。いかに財務報告を良くしていくかについて真摯に向き合っている人に限り、ご購読ください。

なお、2020年3月期の早期適用事例の分析については、書籍『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』という形でまとめております。

会員の活動を活発化させる、日本監査研究学会の取り組み前のページ

2020年12月期のKAM早期適用事例は、一体、何社だったか次のページ

関連記事

  1. Accounting

    イギリスEU離脱問題から占うIFRSの行方

     今、会計の世界で最もホットな話題。それは、イギリスのEUから離脱の動…

  2. Accounting

    新レポート「収益認識対応の時短術」

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  3. Accounting

    本を書くなら、これを読むべし

    2018年12月30日、まさに年末の直前の日に、浜松の本屋さんに立ち…

  4. Accounting

    Amazonの「会計学」ランキングで、3位

    Amazonの「会計学」ランキングで、3位となりました。拙著『事例か…

  5. Accounting

    投資家との対話を促すダイアログ・ディスクロージャー

     2019年3月19日に、金融庁サンは、上場企業の有価証券報告書の開示…

  6. Accounting

    『コロナショックから始まる変容のプロセス』から捉え方を学ぶ

    転がり出る空間が核をなす。つまり、あなたが今、取り組んでいることの結…

  1. Accounting

    会計士とは思われなかった監査の研修
  2. Accounting

    2021年10月のセミナー「KAMの開示事例の検討と今後の課題」
  3. Accounting

    参考文献の掲載までの道のり
  4. Accounting

    記述情報の充実で、こんな間違いをしていませんか?
  5. Accounting

    そろそろ日本企業の決算の開示、見直しませんか
PAGE TOP