Accounting

財務報告の流儀 Vol.047 中外製薬、あずさ

文豪ゲーテが開示責任者なら、自社に固有の情報を記載したでしょう。「一つのことが万人にあてはまりはしない。めいめい自分にふさわしい流儀を求めよ」と話していたのですから。

そこで、早期適用されたKAM(監査上の主要な検討事項)の事例から、財務報告のあり方を考える連載が、この「財務報告の流儀」シリーズ。今回から、2020年12月期の事例を取り上げていきます。

今回は、見積りと判断の違いがポイントです。

(1)事例

  • 証券コード 4519
  • 会社名 中外製薬㈱
  • 業種 医薬品
  • 開示書類 有価証券報告書
  • 決算日 2020年12月31日
  • 監査法人 有限責任あずさ監査法人
  • 会計方式 IFRS

 

(2)早期適用によるKAM

連結財務諸表の監査報告書に記載されたKAM

  • 利用可能でない製品関連無形資産の減損の判定に関連する製品化の可否に関する判断の妥当性
  • エフ・ホフマン・ラ・ロシュ・リミテッドとの取引の移転価格調整に係る判断の妥当性

個別財務諸表の監査報告書に記載されたKAM

  • エフ・ホフマン・ラ・ロシュ・リミテッドとの取引の移転価格調整に係る判断の妥当性

(ただし、連結のKAMと同一内容であるため、記載が省略されている。)

 

(3)今回の事例から学ぶべきポイント

  • 見積り開示会計基準への的確な対応のために知っておきたい用語の使い分け
  • 経営者の判断に絞り込まれたKAMの優良事例
  • 単体KAMの省略規定に関する表記の違い

ここから先の解説は、野次馬的に重箱の底を突くような人には向いていないため、有料コンテンツとしてハードルを設けています。いかに財務報告を良くしていくかについて真摯に向き合っている人に限り、ご購読ください。

(注)2020年3月期の早期適用事例の分析については、書籍『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』という形でまとめております。

 

 

会員の活動を活発化させる、日本監査研究学会の取り組み前のページ

2020年12月期のKAM早期適用事例は、一体、何社だったか次のページ

関連記事

  1. Accounting

    他にはない、2021年3月期のKAM分析

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、の竹村純也です。…

  2. Accounting

    厚みのある『事例からみるKAMのポイントと実務解説』を効果的に読み進める方法

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  3. Accounting

    編集者の配慮が詰まった「東京CPAニュース」

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  4. Documents Files Records File - fulopszokemariann / Pixabay

    Accounting

    記述情報の「充実」の捉え方、間違っていませんか

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  5. Accounting

    3つの電子書籍アプリから選べる『ダイアローグ・ディスクロージャー』

    質問です。いくつの電子書籍アプリをご存知ですか。電子書籍アプリとは、…

  6. Accounting

    八田進二・堀江正之・藤沼亜紀『【鼎談】不正-最前線』から学ぶ

    不正は起きるものである。 これは、八田進二氏、堀江正之氏、藤…

  1. Accounting

    『「のれんの減損」の実務プロセス』の第3章を語る
  2. Accounting

    寄稿「英国の開示事例から学ぶ 収益認識基準への監査役等の対応ポイント」
  3. Accounting

    【お願い】収益認識プロジェクトに関するアンケート
  4. Accounting

    記述情報が充実しない背景が明確になった一冊
  5. Accounting

    3つの流れで、監査報告書の改正は理解する
PAGE TOP