Accounting

あなたの知らない、注記に影響を与える後発事象

注記事項にも後発事象があると聞いて、いくつ思い浮かびますか。そもそも、注記に後発事象なんてあるのかと疑問に思うかもしれません。

 

後発事象の対象となる「事象」とは、会計事象のこと。これは、仕訳と注記に区分されます。一方、後発事象は、修正後発事象と開示後発事象とに区分されます。すると、注記にも、修正後発事象や開示後発事象があって然るべき。

後発事象の【決定版】かつ【完全版】を標榜する『後発事象の会計・開示実務』の執筆にあたって、この注記の後発事象を調べ上げました。すると、見つかりましたよ、7つも。

 

一番理解しやすいのは、後発事象としての継続企業の前提に関する注記。日本では、継続企業の前提に関する注記の要否は、決算日を基準にして判定されます。決算日時点ではその注記は不要でも、決算日を過ぎて後発事象の評価終了日までに生じた事象によって、それが必要となるケースもありえます。

そのケースでは、継続企業の前提に関する注記としてではなく、後発事象として注記します。これが、注記の開示後発事象。このように、会計処理には影響を与えないものの、注記事項に影響を与える後発事象があるのです。

 

そんな注記に影響を与える開示後発事象について整理したのが、『後発事象の会計・開示実務』の第5章です。残りの6つも含めて、その内容は次のとおり。

 

第5章「注記に影響を及ぼす開示後発事象」

1.注記に影響を及ぼす後発事象の存在
2.後発事象としての継続企業の前提に関する注記
3.継続企業の前提に関する注記の解消に関する後発事象
4.1株当たり情報に関する後発事象(株式分割)
5.1株当たり情報に関する後発事象(株式併合)
6.資産の担保提供に関する注記の後発事象
7.報告セグメントの変更に関する後発事象
8.決算日後の税率変更に関する後発事象

 

この7つの注記の開示後発事象を挙げることができたときには、まるで、周期表で埋まっていなかった元素を発見したような気分でしたよ。「見つかった!」と。

どれも、実際に開示されているもの。稀な事例もあれば、よく見かける事例もあるでしょう。ところが、注記の後発事象について真正面から解説したものは、ほとんどありません。しかも、ここまで事例を挙げたものは、もしかすると、本書が世界初かもしれません。それほどまでにレアな章立てとなっています。

ぜひ、『後発事象の会計・開示実務』の第5章でご確認ください。なお、注記の修正後発事象については、第3章に含めて解説しております。

 

パンデミックや戦争にも備えた開示後発事象の記載例前のページ

後発事象のKAMに備える次のページ

関連記事

  1. Accounting

    『「のれんの減損」の実務プロセス』の第4章を語る

    2022年7月に、『伝わる開示を実現する「のれんの減損」の実務プロセ…

  2. Accounting

    ワンランク上の決算資料の特徴

    人は、問題が大きくならなければ、改善しようとはしない生き物。そもそも問…

  3. Accounting

    『「第三者委員会」の欺瞞』から説明責任を学ぶ

    名は体を表す。これは、よく知られたことわざ。名前が実態を表している様…

  4. Accounting

    金融業のKAMは特殊だと思い込んでいました。しかし、読み始めると・・・

    こんにちは、KAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。KAM…

  5. Accounting

    対話を知らない経営者たち

    ただ話し合うだけで「対話」になると思うなら、あなたは対話のことを何も…

  6. Accounting

    寄稿「KAMと内部統制報告制度との関係」

    内部統制といえば、その要素の一つに、「情報と伝達」がありますね。簡単…

  1. Accounting

    どうなったか、記述情報のセミナーアンケート
  2. Accounting

    リスクを過大に表現しないための見積開示セミナー
  3. Accounting

    見た目にも、CAMはKAMと違う
  4. Accounting

    新型コロナウイルスと監査人の交代
  5. Career

    バンブー、母校に帰る
PAGE TOP