Accounting

財務報告の流儀 Vol.026 東急、EY新日本

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

 文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「一つのことが万人にあてはまりはしない。めいめい自分にふさわしい流儀を求めよ」と話していたのだから。

 そこで、KAM(監査上の主要な検討事項)を早期適用した事例から、財務報告のあり方について考えていく連載が、この「財務報告の流儀」シリーズ。今回は、次の事例を取り上げていきます。

(1)事例

証券コード 9005

会社名 東急㈱

業種 陸運業

開示書類 有価証券報告書

決算日 2020年3月31日

監査法人 EY新日本有限責任監査法人

会計方式 日本基準

(2)早期適用によるKAM

連結財務諸表に対するKAM

  • 固定資産の減損及び開発等関連費用

個別財務諸表に対するKAM

  • 固定資産の減損及び開発等関連費用 (連結のKAMとほぼ同一の内容である)

 今回の事例から学ぶべきポイントは、次の2点です。

  • KAMに選ばれていない事項に着目
  • 表現の仕方まで十分に監査人と協議する

 同社の有価証券報告書をご準備いただき、実際の開示を確認しながら、財務報告のあり方を学んでいきましょう。いかに財務報告を良くしていくかに真摯に向き合っている人だけ、この先にお進みください。 (注:無料の「財務報告の流儀(お試し版)」はこちらから。)

 

P.S.

この解説がベースになった書籍『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』(同文舘出版)はこちら。

 

 

財務報告の流儀 Vol.025 三菱地所、EY新日本前のページ

財務報告の流儀 Vol.027 ソフトバンク、トーマツ次のページ

関連記事

  1. Accounting

    執筆中の第2章のゲラは、127ページ

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  2. Accounting

    経営者視点の書評が、週刊経営財務に掲載されました

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  3. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.034 みずほフィナンシャルグループ、EY新日本

     文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「…

  4. Accounting

    ビジネスモデル関連の機関誌に、記事が掲載されました

    もしも、会計士が、ビジネスモデルを探求する組織の機関誌に登場したら。…

  5. Accounting

    まだ理解度チェックで消耗してるの?

    組織の中で、あることが周知されているかどうか。内部統制の評価で議論にあ…

  6. Accounting

    磨き抜かれた「後発事象セミナー」

    「このセミナー資料だけでも、十分に価値がありますね」2022…

  1. Accounting

    パンドラの箱を開けかねない、見積り開示の会計基準
  2. Accounting

    嬉しすぎる書評
  3. FSFD

    サステナビリティ情報開示、国際監視の目にさらされる日本の選択
  4. Accounting

    KAMに関する「画像」で思い浮かべるものとは
  5. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.040 日本取引所グループ、トーマツ
PAGE TOP