Accounting

KAM早期適用を総括したセミナーを開催します

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。

今日から3日前の。2021年6月25日のこと。ABCバンブーメルマガを購読いただいている方々に向けて、先行してお知らせした内容があります。それを今回、ブログでもシェアしますね。

先日のブログ「KAM早期適用のすべて」の中で、KAMの早期適用の事例が出揃ったことをお話ししました。また、この記事の最後には、KAM早期適用を総括したセミナーを開催するともお伝えしました。

このセミナーの情報を、このブログでも解禁いたします。

 

セミナー情報

今回のセミナーは、ちょっと特別です。というのも、ボクのセミナーには珍しく、【無料】で開催されるから。これも、セミナーを共同開催する株式会社スリー・シー・コンサルティングさんのご尽力のおかげ。

セミナーの概要は、次のとおり。

■日時

2021年7月21日(水)14時30分から17時00分まで

 

■共催

公認会計士 竹村純也 /株式会社スリー・シー・コンサルティング

 

■対象者

IPO及び上場会社並びに非上場会社の経営者、経営企画責任者、経理責任者様

 

■内容

第一部 KAMの事例分析と実務対応のポイント(60分)

1.KAMの事例分析と特徴

2. 今後のKAM実務対応のポイント

 

第二部 見積監査対応効率化のためのIT統制(60分)

1.見積監査対応の現状と課題

2.見積監査対応の効率化のポイント

3.見積監査対応効率化のためのIT統制とは

 

というワケで、ボクは第一部を担当します。

 

ただし、参加枠に限りがあります

ただし、「無料」のセミナーだからといって、誰もが受講できるものではありません。なぜなら、セミナーの定員に上限があるため。【50名】と限られているのです。

スリー・シー・コンサルティングさんのお得意先からの申込みもあるため、決して、お席に余裕がある訳ではありません。すでに告知が始まっているため、そう時間を待たずにお席が埋まってしまう可能性があります。

しかも、今回はZoomセミナーであるため、全国から参加が可能です。競争が多い分、参加枠の確保はさらに難しくなります。

ピンと来た今のタイミングで、お申し込みされることをオススメします。

(注:募集はすでに終了しています)

P.S.

2020年3月期に早期適用されたKAMについて分析した結果は、拙著『事例からみるKAMのポイントと実務解説』にてご覧いただけます。まずは、こちらの紹介ページをご確認ください。

 

KAM早期適用のすべて前のページ

セミナー情報、「見積開示会計基準実践講座」次のページ

関連記事

  1. Accounting

    やりがいのある仕事を求めるのは「不自由」

    今朝から、プライベートでの資料整理。沢山ある資料を属性に応じて整理し…

  2. Accounting

    KAMに関する「画像」で思い浮かべるものとは

    KAM(監査上の主要な検討事項)について、こんなニュースが飛び込んでき…

  3. Accounting

    有報の英文開示にあたって重要度が高まるもの

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  4. Accounting

    『超悟り入門』から煩悩を学ぶ

    ビジネスやキャリアのセミナーを受講する人は、幸せです。 そう…

  5. Accounting

    【セミナー】後発事象に関する実務上のポイント

    来月は、後発事象をテーマにしたセミナーで講師を務めます。主催は、株式…

  6. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.051 荏原製作所、EY新日本

    文豪ゲーテが開示責任者なら、自社に固有の情報を記載したでしょう。「一…

  1. Accounting

    KAMの資料がプロジェクトメンバーから褒められました
  2. Accounting

    KAMドラフトの提示依頼はお済みでしょうか
  3. FSFD

    Navigating IFRS Sustainability Disclosur…
  4. Accounting

    なんだったんだ、収益認識の5ステップ
  5. Accounting

    『「のれんの減損」の実務プロセス』の第3章を語る
PAGE TOP