Movie Flap Clapperboard Video - dmncwndrlch / Pixabay

Accounting

映画監督のディレクターズ・カットのような執筆

映画が公開された後、DVDやブルーレイになるときに、「ディレクターズ・カット」が収録されることがありますね。

ディレクターズ・カットとは、映画監督が、「本当はこういう映画にしたかったんだよね~」という構成で編集しなおした映画のこと。商業映画では興行上やスポンサー上など、さまざまな制約があります。そのため、必ずしも監督が作りたい内容で映画を公開することができない。

そこで、DVDなどで、公開版にはないシーンを収録したり、異なるシナリオで話が進めたりと、監督が思う内容に仕立てることがあります。これが、本来の作品だ、と。

ボクも、そんなディレクターズ・カットを公開したい衝動にかられることがあります。とはいっても、映画の編集ではありません。それは、執筆やセミナーのこと。言うなれば、「著者ズ・カット」や「講師ズ・カット」。

雑誌に寄稿するときの執筆では、誌面の制約があるため、ページ数つまりは文字数に限りがあります。また、セミナーでは、予定時間に終わらせる制約があります。これらの制約以上にコンテンツを作ってしまうため、「本当はこう書きたい、話したい」という気持ちになるのです。まるで、映画監督のディレクターズ・カットのように。

今、手掛けているのは、KAMの分析。2021年3月期に強制適用されたKAMについて、解説を行います。

最近、2021年3月期のKAMに関する分析結果があちこちで発表されていますね。それを拝見して思うのは、「あれ、その論点、まだまだ掘り下げられるのに」という、もったいなさ。つい、「もっと踏み込もうよ」と呼びかけそうになります。

最近は、会計専門誌『旬刊経理情報』(中央経済社)サンで、英国のKAMについても記事を書く機会があるため、海外との比較からも論点が浮かびます。もちろん、日本のKAMについても、『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』(同文舘出版)を書きあげるほどに掘り下げているため、ネタには尽きません。

 

今日は、2021年3月期に特徴的なアノ論点について執筆していました。これ、おそらく、他では言及されていない内容のハズ。なかなか深く切り込んだ分析のため、企画の中で目玉となる部分。

3,000字程度を割り当てたうえで執筆を始めたのですが、やはり、書き始めると止まりません。図表抜きで3,000字オーバー。他の部分も、ボクの中で割り当てた文字数を超えるんだろうな、きっと。おそらく。確実に。

まだ初稿にも至っていないため、あとで何とかします。って、一体、誰に向かって話しているんだろう。それは置いておいて。

こんな感じでコンテンツ満載のため、文字数や時間の枠を取っ払いたくなるのです。映画監督がディレクターズ・カットを作りたくなる意味がよくわかります。そういう意味では、単行本の執筆では、これまで文字数の制約がなかったため、気兼ねなく書き進めていけます。まさに、著者ズ・カットで仕上げられるのです。

あっ、単行本といえば・・・、これも同時並行的に進められるように工夫していますので、ご安心ください。って、これも誰に向かって話しているんだ。

そうそう、今日の執筆は、年末近くに発売の予定です。ただ、その前に予定されている、少しクローズドな場でのセミナーでもお話しできればと考えています。ぜひ、お楽しみに。

 

P.S.

最近、旬モノの記事を書く機会が増えました。ディレクターズ・カットとして、寄稿したときよりもページ数を増やせます。何とか集めて単行本にしたいところだけど、旬ネタじゃ、厳しいかな。

寄稿「英国の開示事例から学ぶ 収益認識基準への監査役等の対応ポイント」前のページ

ボクは、KAMバカ次のページ

関連記事

  1. Accounting

    新型コロナウイルスが決算に与える影響

     新型コロナウイルスのビジネスへの影響は、どんどんと広がっています。潜…

  2. Accounting

    書き初めで、物語を描く

     今日は2020年になって2日目。そこで行ったのが、日本の昔からの風習…

  3. Accounting

    KAMに相当する事項、リリースされたってよ

    KAMに相当する事項、ってやつが話題になっていますね。KAMとは、「…

  4. Accounting

    M&Aの世界に見る、キャッチーな専門用語

     人は、お金が絡むと、詩人になる。ホラ、競馬でも、株式投資でも、やたら…

  5. Accounting

    日経新聞に広告が掲載された『ダイアローグ・ディスクロージャー』

    夏が本格化してくると思い出すのは、馬場康夫監督の映画『波の数だけ抱き…

  6. Accounting

    会計士とは思われなかった監査の研修

     24時間以内に起きた、良い出来事。それは、研修の参加者からの感想。…

  1. Accounting

    有報の英訳とKAMの決算スケジュール影響
  2. Accounting

    新型コロナウイルスで注目の有報・記述情報
  3. Accounting

    今年の確定申告で、地味にスゴい点
  4. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.020 三井物産、トーマツ
  5. Accounting

    著者なら知っておきたい出版事情
PAGE TOP