Accounting

財務報告の流儀 Vol.002 メンバーズ、アヴァンティア

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

 文豪ゲーテいわく、「一つのことが万人にあてはまりはしない。めいめい自分にふさわしい流儀を求めよ」。これは、財務報告にも当てはまります。

 そこで、KAM(監査上の主要な検討事項)を早期適用した事例から、財務報告のあり方について考えていく連載が、この「財務報告の流儀」シリーズ。今回は、次の事例を取り上げていきます。

(1)事例

証券コード 2130

会社名 ㈱メンバーズ

業種 サービス業

開示書類 有価証券報告書

決算日 2020年3月31日

監査法人 監査法人アヴァンティア

会計方式 IFRS基準

(2)早期適用によるKAM

連結財務諸表に対するKAM

・収益認識(売上高の期間配分の適切性)

・のれんの評価

個別財務諸表に対するKAM

・収益認識(売上高の期間配分の適切性)(ただし、連結KAMと同一内容であるため、記載を省略している)

 この事例から学ぶべきポイントは、次の3点です。

・KAM早期適用に求められたもの

・記述情報がKAMによって影響を受けかねない

・会計上の見積りに関する注記への影響

 開示された内容の引用は一部のため、残りの文字数はほぼ解説に相当します。同社の有価証券報告書をご準備いただき、実際の開示を確認しながら、財務報告のあり方を学んでいきましょう。(注:無料の「財務報告の流儀(お試し版)」はこちらから。)

 

P.S.

この解説がベースになった書籍『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』(同文舘出版)はこちら。

 

 

財務報告の流儀 Vol.001 マルハニチロ、あずさ前のページ

財務報告の流儀 Vol.003 綜合警備保障、太陽次のページ

関連記事

  1. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.045 キヤノン、EY新日本

    文豪ゲーテが開示責任者なら、自社に固有の情報を記載したでしょう。「一…

  2. Accounting

    『コロナショックから始まる変容のプロセス』から捉え方を学ぶ

    転がり出る空間が核をなす。つまり、あなたが今、取り組んでいることの結…

  3. Accounting

    出版記念イベントに無料で参加できます

    こんにちは、KAM対応のスペシャリストの竹村純也です。今日は…

  4. Accounting

    後発事象のKAMに備える

    後発事象の監査対応といえば、今は、KAM(監査上の主要な検討事項)を…

  5. Accounting

    有報・記述情報の充実に上場企業は対応できるのか

    財務報告のあり方を考えるときには、その利用者の声を聞くのが一番。それ…

  6. Accounting

    帰ってきた、「シン・収益認識」

    経理部長「大きな受注があったと聞きましたよ」営業部長「耳が早…

  1. Accounting

    『企業会計』でKAM対応ポイントをチェックした
  2. Accounting

    【セミナー】後発事象に関する実務上のポイント
  3. Accounting

    執筆中の第2章のゲラは、127ページ
  4. Accounting

    IPOの社内規程の整備にお悩みなら
  5. Accounting

    『東京改造計画』から学ぶイノベーションの起こし方
PAGE TOP