Accounting

財務報告の流儀 Vol.011 ENEOSホールディングス、EY新日本

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

 文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「一つのことが万人にあてはまりはしない。めいめい自分にふさわしい流儀を求めよ」と話していたのだから。

 そこで、KAM(監査上の主要な検討事項)を早期適用した事例から、財務報告のあり方について考えていく連載が、この「財務報告の流儀」シリーズ。今回は、次の事例を取り上げていきます。

(1)事例

証券コード 5020

会社名 ENEOSホールディングス㈱

業種 石油・石炭製品

開示書類 有価証券報告書

決算日 2020年3月31日

監査法人 EY新日本有限責任監査法人

会計方式 IFRS基準

(2)早期適用によるKAM

連結財務諸表に対するKAM

・石油・天然ガス開発セグメントにおける減損損失

・繰延税金資産の評価

個別財務諸表に対するKAM

・(ないと判断)(当初はそもそも記載されていなかったため、訂正報告書で追加された)

 この事例から学ぶべきポイントは、次の3点です。

・KAMの対象の絞り込み

・専門家の利用の内容

・会計上の見積りの重要な仮定はリスクマネジメントに通ずる

 同社の有価証券報告書をご準備いただき、実際の開示を確認しながら、財務報告のあり方を学んでいきましょう。いかに財務報告を良くしていくかに真摯に向き合っている人だけ、この先にお進みください。(注:無料の「財務報告の流儀(お試し版)」はこちらから。)

 

P.S.

この解説がベースになった書籍『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』(同文舘出版)はこちら。

 

 

財務報告の流儀 Vol.010 武田薬品工業、あずさ前のページ

財務報告の流儀 Vol.012 日立金属、EY新日本次のページ

関連記事

  1. Accounting

    収益認識の新基準における「重要性」を語る

     収益認識の新基準への取り組み、進んでいますか。専門雑誌『週刊経営財…

  2. Accounting

    新型コロナウイルス関連の後発事象セミナーの内容

     今日の2020年5月15日、例のセミナーを収録してきました。そう、5…

  3. Accounting

    KAM分析の「落とし穴」にハマる人、ハマらない人

    こんにちは、KAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。KAM…

  4. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.042 オリンパス、EY新日本

     文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「…

  5. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.043 日立建機、EY新日本

     文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「…

  6. Accounting

    「おもてなし」精神の商法改正

    その昔。今の会社法が、まだ商法だった頃。2005年に会社法に大幅に移…

  1. Accounting

    在宅勤務の内部監査や経理の方に、このオンライン講座
  2. Accounting

    決算説明で「全社一丸対応」すべき理由
  3. Accounting

    企業の対話にファシリテーターの視点
  4. Accounting

    『決算・監査コストの最適化マニュアル』で見える景色
  5. Accounting

    誰にも見せられない、KAMの手元メモ
PAGE TOP