Accounting

財務報告の流儀 Vol.028 四国電力、トーマツ

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

 文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「一つのことが万人にあてはまりはしない。めいめい自分にふさわしい流儀を求めよ」と話していたのだから。

 そこで、KAM(監査上の主要な検討事項)を早期適用した事例から、財務報告のあり方について考えていく連載が、この「財務報告の流儀」シリーズ。今回は、次の事例を取り上げていきます。ちなみに、今回の解説で、金融・保険以外に予定していた事例はすべて取り扱ったことになります。

(1)事例

証券コード 9507

会社名 四国電力㈱

業種 電気・ガス業

開示書類 有価証券報告書

決算日 2020年3月31日

監査法人 有限責任監査法人トーマツ

会計方式 日本基準

(2)早期適用によるKAM

連結財務諸表に対するKAM

  • 電気事業セグメントの電灯料及び電力料
  • 情報通信事業セグメントのデータセンター事業の評価

個別財務諸表に対するKAM

  • 電気事業セグメントの電灯料及び電力料(連結のKAMと同一内容であるため、記載を省略している)

 今回の事例から学ぶべきポイントは、次の2点です。

  • KAMに記載されていない言葉
  • 書きすぎが意味するもの

 同社の有価証券報告書をご準備いただき、実際の開示を確認しながら、財務報告のあり方を学んでいきましょう。いかに財務報告を良くしていくかに真摯に向き合っている人だけ、この先にお進みください。(注:無料の「財務報告の流儀(お試し版)」はこちらから。)

 

P.S.

この解説がベースになった書籍『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』(同文舘出版)はこちら。

 

 

財務報告の流儀 Vol.027 ソフトバンク、トーマツ前のページ

WEBセミナー「いまさら聞けないKAM対応実務」のお知らせ次のページ

関連記事

  1. Accounting

    ワクワクする英語文献へのアクセス

    今日は、英語で書かれた文献の調査。調査したいキーワードで、英語の文献…

  2. Accounting

    2021年の後発事象セミナーの裏側

    3時間、話しまくってきましたよ。それは、後発事象をテーマにしたセミナ…

  3. Accounting

    まだ騒がれていない、東京オリンピックの決算インパクト

    東京オリンピックが始まるのは、2020年7月24日。来年の今頃は、オ…

  4. Accounting

    収益認識の消費税はおそろしく大変

     収益認識の新会計基準。やっぱり、どうも好きになれない。なんて人も少…

  5. Accounting

    寄稿「監査人交代時に企業が注意したいKAMのポイント」

    ついに、KAM(監査上の主要な検討事項)の分析記事が掲載されました。…

  6. Accounting

    睡眠からのビジネスのダッシュボード

    最近、周りにプッシュしまくっているのが、睡眠アプリ。寝るときに、スマ…

  1. Accounting

    サステナビリティ開示の書き方をフォローしていくなら
  2. Accounting

    国際的な機関から正当性が裏付けられたセミナー
  3. Accounting

    新型コロナウイルスで注目の有報・記述情報
  4. Accounting

    2021年1月期のKAM早期適用は、一体、何社だったか
  5. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.036 大和証券グループ本社、あずさ
PAGE TOP