Accounting

第4章のゲラは、146ページ

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。

少し前から、このブログで執筆の過程をシェアしています。出版社の編集担当者が早く告知できるように動いているため、内容はもうしばらくお待ちを。

著者が原稿を書き上げると、出版社はゲラという形で本のページに仕上げていきます。そのゲラについて、まずは第3章の分が、次に第2章の分があがってきたとお伝えしてきました。

ページ数はそれぞれ、134ページと127ページ。どちらも、それだけで薄めの単行本になるようなボリューム。最終的には450ページ前後でしょうか。

取り扱っている内容に照らすと、第3章のページ数が一番多いという印象でした。実際、第2章のページ数は第3章よりも少なかったため、「やはり、そうか」と違和感がありませんでしたし。

ところが、今回、第4章のゲラがあがってきたときに、そのページ数に驚きましたよ~。これまでよりもダントツに多い、146ページ。第2章よりも20ページ近く上回っています。ちょっと意外な感じでした。

やっぱり、なにごともデータ化することが大切。印象だけでは、事実を歪めてしまうことがありますからね。客観視することで、思い込みから脱することができます。

そうそう、データ化といえば、AIやビッグデータを扱うときに欠かせないのが、元となるデータの形式を揃えること。例えば、1つのデータに5つの要素が必要とされる場合に、データによって4つだったり2つだったりと不揃いでは、分析ができません。

この意味では、今、執筆している本でも、元となるデータの形式を揃えています。何かと不揃いなため、一定の形式に従ってどれも同じように扱えるように整備しています。これによって、読者が利用しやすい環境を提供できると考えています。

そんなワケで、146ページ分のゲラと格闘します。

P.S.

この原稿は、書籍『事例からみるKAMのポイントと実務解説―有価証券報告書の記載を充実させる取り組み―』(同文舘出版)として発売されました!

 

 

心優しきイノベーターがKAM展開を後押しする前のページ

なんと、会計人の31名のひとりに選出されました次のページ

関連記事

  1. Accounting

    出版記念イベントに無料で参加できます

    こんにちは、KAM対応のスペシャリストの竹村純也です。今日は…

  2. Accounting

    在宅勤務の内部監査や経理の方に、このオンライン講座

     企業の中で、不正対応を行っている部署や人たちがいます。内部監査室は…

  3. Accounting

    うそっ? KAMで驚くグーグル翻訳の精度

    2019年3月期の決算が落ち着く頃、KAMの協議が始まってくるハズ。…

  4. Accounting

    役員向けセミナー「日本企業に迫る『気候変動の会計と監査』」

    何か新しい開示が迫られるとき。質の高い財務報告を目指す方は、このよう…

  5. Accounting

    JICPAからのKAM強制適用2年目の分析レポート

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  6. Accounting

    新型コロナウイルスで会計不正に要注意

    本日の2020年3月19日、プロネクサスさん主催のセミナー「棚卸資産…

  1. Accounting

    内部監査を体感したバイトの夜
  2. Accounting

    なんだったんだ、収益認識の5ステップ
  3. Accounting

    監査役に向けた、平時の会計不正対応セミナー
  4. Accounting

    ボクの最新刊がAmazonで予約できます
  5. Accounting

    2021年の後発事象セミナーの裏側
PAGE TOP