Accounting

会計基準は「考えるな、感じろ」

 考えるな、感じろ。英語で言うと、”Don’t think. Feel.” 映画俳優のブルース・リーの言葉として有名なセリフ。

 ボクは映画「スターウォーズ」でヨーダが話しているイメージがありました。しかし、時間軸としては、ヨーダの方が後とのこと。それは横に置いておいて。

 今日、このセリフを言う機会がありました。それは、ある会計基準の解釈を巡って、後輩と話していたときのことです。

 その会計基準には、「一定の期間」という記載がありました。これがどの程度の長さを指すかについて、後輩は質問してきました。「1年でしょうか」「3年じゃ長いでしょうか」と。

 そんな後輩に向かって話したセリフが、「考えるな、感じろ」。何もふざけている訳ではありません。本気でそう言ったのです。

 というのも、企業によって、置かれた経営環境は違います。業種としても違えば、同じ業種でも違います。そんな違いを考慮することなく、一律的なルールを当てはめることが大間違い。

 確かに、一律的なルールがあれば、それに従っておくことで文句は言われません。だからこそ、どの程度の長さであれば良いか、裏返せば、どの程度の期間内なら文句を言われないかについて表層的に「考える」ことをしがち。

 しかし、そもそも会計基準に具体的なルールが示されていない以上、個々に考えるべきこと。個々に違うからこそ、ルール化されていないワケで。

 個々の状況に応じて合理的な説明ができるかどうか。だからこそ、胸に手を当てて、やましい気持ちがないかどうかを深く「感じる」ことが大事なのです。

 反対に、会計基準に定められていない誰かのルールに従った結果、その会計で映し出した企業の姿が実態とかけ離れては何の意味もない。そんな説明責任を放棄した、文句を言われない線引きを探る姿勢がダメなんですよ。

 この根本的な原因は、会計処理することにフォーカスしてことにあるとボクは見ています。そうではなく、財務報告に意識を向けるべき。どう処理するかではなく、どう説明するか。有報の記述情報の拡充の動きも、まさにこれ。

 そのためにも、日本の「会計」基準は早く「財務報告」基準へと名称を変更するのが良いと考えています。処理から報告へと考え方をシフトさせるべきなんです。IFRSも、国際「財務報告」基準の略語ですからね。

 ほら、こんな話を聞くと、ブルース・リーもヨーダもボクも、良いこと言っているでしょ。ではでは。

キャリアを引き上げてもらえる人、もらえない人前のページ

『新世界』から収入の複数化を学ぶ次のページ

関連記事

  1. Accounting

    Amazonの「会計学」ランキングで、3位

    Amazonの「会計学」ランキングで、3位となりました。拙著『事例か…

  2. Accounting

    コンテンツを充実させるワン・ステップ・ビヤンド

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  3. Accounting

    やりがいのある仕事を求めるのは「不自由」

     今朝から、プライベートでの資料整理。沢山ある資料を属性に応じて整理し…

  4. Accounting

    新型コロナウイルスと上場廃止とKAM

    本日の2020年3月18日、会計や監査の業界にインパクトを与えるニュ…

  5. Accounting

    法務専門誌に掲載された『ダイアローグ・ディスクロージャー』

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  6. Sun Planet Galaxy Space Red Star - ipicgr / Pixabay

    Accounting

    ESG情報の重要性が理解できる研修を受けました

    改訂版コーポレートガバナンス・コードへの対応、進んでいらっしゃいます…

  1. Accounting

    2019年のカレンダーで楽しむ
  2. Career

    セミナー資料は、こう生まれ変わらせる
  3. Documents Files Records File - fulopszokemariann / Pixabay

    Accounting

    記述情報の「充実」の捉え方、間違っていませんか
  4. Accounting

    収益認識の新基準の消化仕入れと消費税
  5. Accounting

    外堀が埋められたKAM対応
PAGE TOP