Career

執筆が苦手なら、この順番で書き始めろ

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

現在、短めの執筆に取り掛かっています。とある専門誌への寄稿。「おおっ、ボクにそのテーマで依頼なの?」と驚く反面、「そういうテーマでご指名いただくなんてありがたい」という気持ちもあります。

 で、「こういう内容なら書けます」と返答したところ、先方の期待に沿っていたようで正式なゴーサインに至ります。せっかくのご指名のため、全力で取り組んでいるというワケで。

 先週末は、執筆にあたっての素材を目の前に吐き出しました。まずはマインドマップで全体的な構成を整理し、その次に項目別にネタの洗い出し。収集した関連資料からひとりブレインストーミングで発想を広げていきます。

 で、広げた発想はそのままでは広げっぱなしにすぎないため、検証を行いながら執筆のネタに収束させていきます。各項目のネタが落ち着いたら、いざ、ライティングに進みます。

 このライティング、書きたい箇所から書き始めるのがボクの流儀。前にもブログでお話ししたかと思いますが、何も頭から書く必要はまったくありません。この方法が合っている人もいるのは事実ですが、誰もがこれに従わなければならないものではない。

 書きたい箇所は、基本、その執筆にあたってのキモとなるところ。もっとも伝えたいメインの内容であり、また、熱量がこもる文章。ここの出来次第で、執筆の全体像も変わってきます。

 例えば、思った以上に書けるときには、規定の文字数に収めるべく、執筆のネタや書き上げた文章をスリムにしなければなりません。書くことがあるのに削ぎ落としていくため、これはまだ良いパターン。

 反対に、もっともキモとなる箇所であるにもかかわらず、想定していた文字数に至らないケース。そこで薄ければ、熱量のこもらない他の箇所はもっと薄くなってしまいます。最悪、ネタの追加が必要になると、はじめに振り戻らなければならない。

 このように、書きたいことから書き始めることで、全体ボリュームが見えてくるのです。これが見えない中で、頭から書き始めたときに、途中で息切れしてしまうと、とてつもなく降り出しに戻ることが大変になります。

 そのためにも、執筆にあたって規定の文字数がある場合には、どの項目に何文字を費やすと目安を決めておく必要があります。そうしないと、あるところだけ異常に記載ボリュームが増える一方で、別のところでは薄っぺらい記述になりかねないから。

 セミナー資料のスライドも同じ。この項目には何枚のスライドを費やすという目安がないと、全体バランスが悪くなります。全体があっての部分です。

 で、今回の短めの執筆についても、メインとなる項目がいくつか並列している中で、最初のものからライティングを始めています。普段のブログよりも少ない文字数になると思いきや、そこそこの記載ボリュームとなりました。ただ、全体説明で使う文章も含まれているため、おそらく問題はないでしょう。

 そういえば、昔、ある専門誌への寄稿を依頼されたことがありました。そのときに、全体ボリュームを検討したところ、とても1回の掲載では収まりきらない。内容としても3回にわけた方が良いような見通しとなりました。

 すぐさま編集担当者と相談した結果、3回シリーズの掲載となりました。ちなみに、それは「旬刊経理情報」(中央経済社)に寄稿した関連当事者の解説。あの記事も書籍化したいところですが、そこまでの需要はなさそう。タイミングとしても、「今」である必要が薄い。

 それに対して、現在、取り掛かっている執筆のテーマは、まさに旬。そんな旬なテーマを特集した記事のひとつ。せっかくの旬なネタで、また、それがしばらく続きそうだから、他の人の記事も含めて書籍化されると良いのに。まあ、それはまた別の話。

間接金融が「財務報告」を狂わせる前のページ

オンライン会議を円滑に進めるための秘訣次のページ

関連記事

  1. Career

    コンテンツに安心感を持たれる、見出しの数字

    数年前に、後輩の研修スライドをレビューしていたときのこと。目次を見る…

  2. Career

    マインドが違う場合の対処法

    マインドの違い。これはもう、どうしようもありません。 もちろ…

  3. Career

    3倍の生産性を得るための時間術

    少し前に「やり抜くための必勝パターン」でお話しした、朝5時起きの習慣…

  4. Career

    セミナー資料は、こう生まれ変わらせる

    ワタクシ、生まれ変わりました。といっても、Powerpointのスラ…

  5. Career

    プレゼンには「4は状況で、3は動き」の法則を

    千夜一夜物語は、ペルシャの王に妻が毎夜、物語を語る形式となっています…

  6. Career

    量も質も得られるコンテンツ構成法

     コンテンツを作ること。あなたは、ラクラクと生み出せるほうですか、それ…

  1. Accounting

    減損会計で、見積り開示会計基準「その他の情報」はこう書く
  2. FSFD

    3時間セミナーの開催「サステナビリティ開示の最前線」
  3. FSFD

    SSBJはSASBスタンダードをこう見ている
  4. Accounting

    寄稿「果たして、KAMに「税務の専門家」は必要か」
  5. Accounting

    【セミナー】後発事象に関する実務上のポイント
PAGE TOP