Accounting

記述情報の充実で、こんな間違いをしていませんか?

(記事にはプロモーションが含まれることがあります。) 

有価証券報告書の記述情報について、記載の充実が求められています。特に、事業等のリスクについては、さまざまな開示が考えられるため、対応にお困りかもしれません。

このとき、いきなり他社の開示例を探しにいってはいけません。

「ウチの会社でも使えそうな記載はないか」

「手頃な開示例はないか」

「同業他社と同じように記載しておけば問題ないだろう」

そのように制度趣旨を理解せずに探していては、時間がいくらあっても足りません。やみくもに開示例を集める結果、20も30もリスクを記載する状況にもなりかねない。

何かよくわからないものを探すのではなく、現在の開示で不足しているリスクが何かを洗い出すべき。

そう、最初にすべきことは、自社の状況に照らして、まだ開示していないリスク、すでに開示しているものの記載が弱いリスクを特定することです。

そのためには、現状の開示では足りていないという根拠が持てるようにならないといけません。裏返せば、記載すべきリスクが何かの判断基準を持つこと。これが、「事業等のリスク」に関する記述情報を充実させる鍵です。

この判断基準を持つために、あるツールを利用する方法が考えられます。これによれば、開示が不足しているリスクだけではなく、現状の開示から削除できるリスクや記載を軽くできるリスクについても理解できるようになります。

この方法論についてシェアしたいと考えております。ご興味があるときには、こちらをご覧ください。

会計上の見積りの主要な仮定が行き着くところ前のページ

記述情報が充実しない背景が明確になった一冊次のページ

関連記事

  1. Accounting

    企業がKAM対応に向き合わないことの落とし穴

    初登壇。今日は、一般財団法人産業経理協会サンで、研修動画を配信するた…

  2. Accounting

    踏み絵だよ、2023年3月期のサステナビリティ開示は

    ねえ、知っています? サステナビリティ開示について、金融庁がどう考え…

  3. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.012 日立金属、EY新日本

     文豪ゲーテが開示責任者なら、財務報告の流儀を求めたことでしょう。「…

  4. Accounting

    ついに、予約開始。新刊はKAM早期適用事例集

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  5. Accounting

    執筆中の第2章のゲラは、127ページ

    こんにちは、企業のKAM対応のスペシャリスト、竹村純也です。…

  6. Accounting

    資本コストやファイナンス理論を理解するための最初の3冊

    最近、資本コストについて仕事仲間と話す機会が多くなっています。「資本…

  1. Accounting

    有報の作成者に、1つ、お願いがあるのですが。
  2. Accounting

    連結会計システムをお手頃価格で
  3. Accounting

    財務報告の流儀 Vol.025 三菱地所、EY新日本
  4. Accounting

    寄稿「英国事例から学ぶ 適用2年目以降のKAM対応の留意点」
  5. Accounting

    後悔しないための会計士選び
PAGE TOP