コンストラクタル法則

  1. Career

    『happy money』からコンストラクタル法則の本質を学ぶ

    今日、2019年11月3日は三連休の真ん中。相変わらず、執筆に励んでいました。昨日、今日の2日間は、かなりハードでした。10ページ超をがらりと書き直していたか…

  2. Career

    どうやったら8時間の会議を短くできるか

     長い会議。2時間、4時間、8時間という会議を経験したことがある人も少なくはないでしょう。「もっと、短くならないかな」と切に願っているかもしれません。 …

  3. Career

    キャリアにおける「コンストラクタル法則」

     今日、会計士の知人から、メールが届きました。そのタイトルは、退職のご挨拶。少し前に話を聞いていたため、「ああ、もう、その時期なんだ」と感慨深いものがありまし…

  4. Business model

    組織で人や情報の流れを良くする秘訣

     組織が混乱する原因。いろいろと原因はあるけれども、ボクが四半世紀以上、会計士として組織を見てきた結果としては、ただ、ひとつ。 ボクは会計士として携わっ…

  5. Business model

    飲食店が成立するコンバージョン・レート

     ボクは、石川県金沢市の出身。大学から東京に出てきています。すでに、東京に住んでいる時間のほうが金沢よりも長くなっている状態。もはや、東京の人だと言っても過言で…

  6. Accounting

    ボクが辿り着いたコンストラクタル法則の使い方

    コンストラクタル法則を学んできました。昨日のブログ「『流れとかたち』でコンストラクタル法則を学ぶ」でお話ししたとおり、この法則が記された翻訳本を題材としたリー…

  7. Accounting

    『流れとかたち』でコンストラクタル法則を学ぶ

    最近、ボクがブログを通じて提唱してきたことは、財務報告の全社一丸対応。有報の前半の記述情報に経営者の視点を盛り込むなら、それが最適だから。これを実現する方法と…

  1. Accounting

    2020年10月期にKAMが早期適用された企業は何社か
  2. Accounting

    KAMの資料がプロジェクトメンバーから褒められました
  3. Accounting

    こだわりのKAMコード
  4. Accounting

    【無料】「有報・記述情報の勉強会」動画の閲覧
  5. Accounting

    未適用の注記から考える、将来の会計や開示
PAGE TOP